• 2011年 複数のドイツのアニメ企業とのビジネスを開始

    ドイツのIT・ソフトウェアエンジニアがオンライン海賊版に打ち勝つための技術を開発し、comesoを設立しました。その頃、ドイツのアニメ出版社がオンライン海賊版による経済的被害を被っており、この状況を打破したいという思いが引き金となり設立に至りました。過去及び未来のコンテンツに対し行った投資を保護するため、comesoは保護されるべき権利もしくは著作権を侵害者から奪還する任務を任されています。最新のテクノロジーとアルゴリズムを使用する事によりcomesoは大規模な削除することを達成できました。さらに、根本的な解決策の一環として誘導によりユーザーに正規/公式なサイトを使用するよう教示しました。結果として、comesoの努力により市場の迅速かつ完全回復へとつなげる事ができました。

  • 2012年 音楽やソフトウェア領域への事業拡張

    システムの素晴らしい成功の余勢を駆り、comesoは2012年初旬より音楽・ソフトウェアコンテンツの海賊版からの保護を試み、並びにあらゆる言語のオンライン海賊版の発見、削除が行えるようシステム改修を行いました。オンライン海賊版の問題を効果的に解決するため独自の技術的な試みによってcomesoは世界中の様々な地域で使用されている様々な形式のプラットフォームをカバーする事が可能となりました。

  • 2013年 あらゆる形式・言語のコンテンツに対応

    アニメ、音楽、ソフトウェアというコンテンツ分野でのオンライン海賊版対策に関する好実績で、comesoはコンテンツがローカライズされているあらゆる言語、そしてあらゆる形式での保護の提供が可能となりました。グローバルスケールのクライアントへの対応の準備が整いました。comesoは、コンテンツ業界の海賊版対策において世界のトップになるため、努力を惜しみません。

  • 2014年 手アニメ企業のコンテンツ保護を開始

    今まで誰も成しえなかったオンライン海賊版に打ち勝つための独自の方法により、多くの企業がcomesoのサービスに興味を持ち始めました。ISP、サービス・ウェブサイトオーナー間でもcomesoの評判は高まったことにより、他の企業が成しえなかったより多くの違法サイト上から容易に削除が行えるようになりました。またその公正な取引の結果によりcomesoは多くの信頼できるコンタクト先もしくはインターフェイスへのアクセスを獲得することができ、より短期間で違法コピーの削除を行うことができるようになりました。

  • 2015年 東アジアに新オフィス設立、日本と韓国での事業を拡張

    この躍進をもってcomesoはサービス提供範囲を日本及び韓国へ拡大し、その効果が証明された海賊版対策システムをコンテンツが侵害されている各国全てのコンテンツ事業者へ示すことを決意しました。2015年内にcomesoは日本及び韓国のいくつかのコンテンツ事業者へサービス提供を開始し、現在顧客の非常に肯定的なフィードバックを基にその他全ての事業者へオンライン海賊版からコンテンツを保護するよう交渉しています。

  • 2016年 東南アジアでの事業を展開

    日本と韓国のコンテンツ業界におけるメジャー企業の同意を得て、今ではそれらの企業の信頼を受け、各社のコンテンツを保護しています。やがて、comesoのサービスのみを利用する日本・韓国企業が増えるようになりました。コンテンツ業界でのオンライン海賊版をさらに鎮圧するため、comesoは政府関連の協会などと共同で大規模プロジェクトにも参加しています。comesoはこの先m日本と韓国以外のアジアの国でもサービスを提供する予定です。